車買取相場は年中同じではありません

日々、多くの車が売ったり買ったりされていますね。

自動車メーカーからは、次々新しい車が登場していますし、外国の車が走っているのもそれほど珍しくはありませんね。

車好きな方なら、色んな車のオーナーになりたいと思うのかもしれません。

又、何十年もお気に入りの一台を大事にしているという方もいらっしゃるでしょう。

ところで、車買取相場が、一年中同じではないことをご存知ですか。

売る予定の無い方には興味の無いことかもしれませんが、予定のある方は得する知識かもしれません。

一年の内で車買取相場が高くのるのは、ゴールデンウィーク前と8月9月と言われています。

それは、車を購入する人が一番増えるからです。

ゴールデンウィークや秋の行楽シーズンに、車で出かけたいと思う方が多いからです。

このタイミングに合わせて売ると、高価買取を期待できます。

しかし、一概に必ずこのシーズンに車を売るのが良いとも言い切れません。

年を越して次のゴールデンウィーク前に売ろうとすると、一年古くなってしまったり、走行距離がアップします。

これらがマイナスになり、買取価格を下げることも考えられます。

これらを考えて、高く売れる時期を待った方が良いのか、さっさと早めに売ってしま方が得策か決断しなくてはなりません。

車買取相場は、頻繁に変化するもです。

一か月後には確実に変動があります。

特に輸入車であれば、相場も買取価格もかなりの差が考えられます。

いずれにしても、相場を知ることがポイントです。面倒でもちょっと頑張ってみて下さい。トラックや重機を売るのも買うのも評判のトラック王国で

車を売るなら相場を確認!

車買取比較の相場に関しては、種類が多種多様で、一律ではないことは容易に想像できます。
中古車価格は「相場・程度」から形成されていることから、様々な条件により中古車の価格は決まります。

車買取相場の中古車価格を左右する主な項目をあげていきます。

1・車体色。車ごとに人気色は違いますから、その車に似合う色や市場の要求が多い色が高くなります。

2・トランスミッション(変速機)。ミッション形式 中古車市場では、全般的にAT車(オートマ)の流通量が多いです。

3・ボディ形状。同じ車でもボディ形状が違うタイプがあります。

4・走行距離。通常、車の年間走行距離は1万~1万2千km程度です。それ以上走行している場合は多走行車扱いとなります。

5・修復歴。修復歴とは、車の重要な部分をなんらかの事情により板金修正または交換したことをいいます。
一般に事故車といわれるものが修復歴と見なされます。災害で傷つき、修復された車も含まれます。

6・初度登録年式。車は時間とともに価値が失われていくものです。(プレミアムカー除く)
同じ車であっても初度登録年式が1年違えば価格に大きく反映されます。

7・装備。装備の有無によっても販売価格は変わります。同じグレ-ドで同程度でも価格が違ってきます。

8・時期(季節)。車買取相場は時期(季節)によって変動することがあります。

春は「新卒需要」が多いため、若者に人気の車が値上がりします。
しかし、5月頃には車買取相場は落ち着く傾向です。
RV系は5~8月が高く、あとの季節は似たようなものです。
しかし、オープンカーについては春と秋に相場が跳ね上がる傾向があるので注意が必要です。

最後に番外編です。
プレミア 極稀に、人気新型車が発表され中古車市場に出てくるとプレミア価格が付きます。
新車販売価格より高い価格がつくことも珍しくありません。
この価格は、新車効果が薄れる時期か、ある程度の供給量が確保されない限り続くものです。
以上の車買取比較の相場を参考にしていただければ幸いです。車を売るときのおすすめの一括査定サイト